保険の見直し

就職したときに、会社で勧められた生命保険に何となく加入しました。

体はとても健康だったので、あまり深く考えずに言われるがままに入った記憶があります。

もともと通帳をあまり見ない性格だったので、毎月保険料がどれだけ引き落とされているのか分かっていませんでした。

しかし結婚してからは、そのような呑気なことは言ってられません。

厳密には私は呑気なままでしたが、妻がそうではなく保険料に対してシビアな態度を見せたのです。

家計を任されている立場からすると当然かもしれません。

保険料が高いと指摘を受けて見直すことになりました。

激安のスーパーを自転車で回って食費を節約している妻に頼まれると、むげに断るわけにもいきません。

さっそくインターネットを利用して、保険見直しのサイトをのぞいてみました。

そこに条件を打ち込んで診断したところ、そのとき加入していた保険より1割ぐらい安くなるものを見つけたので嬉しかったです。

1割というと微々たるものですが、固定費として毎月出ていくことを考えると馬鹿にできません。

さっそく乗り換えて妻と私は満足していました。

この時点では、少なくとも私は家計が楽になると信じていたのです。

ところが、しばらくしても楽になったようには感じられません。

やはり1割程度安くなっても、あまり影響はないのかと落胆しました。

しかし冷静に調べてみると、家計が楽にならない原因は他にもあったのです。

実は妻の勧めで、保険見直しの際にがん保険にも加入していました。

年齢を重ねてがんのリスクが高まってきているので、決して悪い選択ではなかったと考えています。

妻からは高くないので大丈夫と聞かされていました。

この言葉を聞いて、大きく勘違いしてしまった気がします。

当時の私は、1種類の病気に特化した保険だから、ほとんど費用はかからないと考えてしまったのです。

ところが、調べてみると生命保険の3分の1程度の高さだったので驚きました。

妻の言ったように、高い金額でないことは確かです。

とはいえ、私の想定を軽く超えた金額でした。つまり1割安くなっても、トータルで見ると高くなっていたのです。

妻にそれを話すと驚いた様子がありません。

もともとがん保険に入ってもらいたいけど、その余裕がないので生命保険見直しを提案したと教えてくれました。

確かに生命保険を変えないままだと、さらに家計は苦しくなっていたことでしょう。

今では妻の英断だったと感じています。

参考
保険設計、仕組みなど保険に加入する前に知っおいた方がいいことは、こちら(リスクをマネジメントする)を参考にして下さい。
★LINE友達になるにはコチラ

今スマホで開いている場合はコチラをクリックするだけで簡単登録(2クリックで登録できます!)
Add friend
今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて「@osl9854j」をID検索!(@をお忘れなく!)

2,000例を超えるプラン実績、3度の起業、28年の経営経験、世界水準のFP技能を有する専門家が作った資産形成塾です。

まねTama会員登録
お金の学校

学ぶ、所得を増やす、お金の流れを作る、お金を増殖する、守る。まずは会員登録してチャンスを成果に!

なぜ、まねTama塾が必要なの?
お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る「まねTama塾」にあなたも参加しませんか?どこからでもワンクリックで気軽に参加できます。※災害に備える「くらしとお金の安心ブック」(日本FP協会)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事