ご挨拶とギフトのお知らせ。

まねたまご挨拶

多摩地域にお住まいの皆様、多摩地域への転居を考えてる皆様へ!

ご訪問頂き誠にありがとうございます。

まねTamaの運営代表者「齊木正夫(さいきまさお)」と申します。

facebook.com/masao.saiki

どうぞよろしくお願い申し上げます。

節約するなんていやだ、運用するのは怖い、でもお金も増やしたいし、自由な時間ももっと確保したい、という人たちのために、この資産形成塾をはじめました。

ことFP業務に関しましては、これまで16年間、海外も含め多くの方からご愛顧いただいてまいりました。

私は、とるにたらない一起業家です。

また、世界水準のファイナンシャルプラン技能、3度の起業、28年の経営経験を活かしてお金の流れの創造や改善サポートも行っています。

昔から「袖振り合うも多生の縁」と申します。

今回あなた様とご縁をいただきましたこと、感謝申し上げます。

最速で潤沢な資産を形成するために知るべき「たったひとつの秘密」

多くの著名なキャッシュフロー・クリエーターたちの話しによれば、人生で成功する人と失敗する人の違いは、「起こったことへの解釈の違いにある」そうです。

たとえば、何かを始めて、それが上手くいかないと、それを「失敗した!」「自分に能力がなかったからだ!」と考えるのが一般的でしょう。

でも、彼らはそう考えません。

「その方法では上手くいかないという経験を得られた」と解釈し「どうしたら上手くできるようになるのか?」を考え、できるまで諦めないという姿勢で改善を重ね再構築を試み続けます。

つまり、彼らには「失敗」という概念がありませんし、「自分に能力がない」という考え方も持っていません。

特に強調しておきたいことは「お金の解釈」が大きく異なっている点です。

お金の増やし方が180度と言っていいほど異なっているのです。

私はそれを2,000例を超えるプランニングやセッションの過程で発見しました。

普通は、お金を増やすために長い時間働いたり、お金を運用したり、節約したりすることを考えるでしょう。

つまり、お金そのものを何とかして増やそうと考えます。

でも、彼らはそのような考え方はしません。

現社会の中で、お金が何によって生み出されているのかをよく観察し、その仕組をつくってお金の流れを生み出し続けることを真剣に考えます。

つまり、前者は、「個の能力」を主体としていますが、後者はシステムを主体としているということです。

多くの人がこの違いに気づいていません。

実はそれは非常に危険なことなんです。

なぜなら、前者の考え方は、苦悩と痛みを伴いながら、忙しい毎日の中で、いわれのないストレスと漠然とした不安を抱えながら生活しなければならないからです。

これは、いま経済的に満たされている人も例外ではありません。

ちょっとしたつまずきが引き金となって、窮地に追いやられる可能性もあるからです。

それは私自身のことでもありました。(苦い経験から学んだこと

そうなってからでは大変な苦労を強いられます。

そして、ほとんどの人が長い間そこから脱出できないでいるのです。

それは、なぜか?

  1. 従前どおりの間違った方法に、どういうわけか執着してしまう。
  2. 過去の成功事例に長く酔いしれている。
  3. 正しい道順(手順)を知らないので、途中で断念する可能性が非常に高い。
  4. 孤立しがちで、誰かに助けを求めようとしない。(全ての工程が自分)
  5. 知識をお金の流れに結びつける方法を知らない(知識を得るだけで満足している)・・・etc

もっとも残念なのは、お金を生み出す秘訣がわかってないところです。

お金を生み出す。その根底にあるものは何でしょうか?

そう、信用です。

信用を得ることです。

さらに云えば、その信用を得るための仕組みです。

その構造(仕組み)の構成方法がわからなければ、いつかまた同じことで悩むことになるでしょう。

でも、適切な方法によってメンテナンスすれば、あなたが望むような理想のライフスタイルを実現することは十分可能です。

  • まねTamaクラブ」無料
  • 無料相談会(不定期開催)へのご優待。
  • 各種有料セミナーへのご優待。。。etc
  • 手数料割引、住宅取得プラン無料など、有利な条件でマイホーム取得が可能

主催コミュニュティ-、塾

まねTamaクラブブレイクスルーClub、パーソナルデザイン塾(非公開)

まねTama会員登録
お金の学校

学ぶ、所得を増やす、お金の流れを作る、お金を増殖する、守る。まずは会員登録してチャンスを成果に!

なぜ、まねTama塾が必要なの?
お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る「まねTama塾」にあなたも参加しませんか?どこからでもワンクリックで気軽に参加できます。※災害に備える「くらしとお金の安心ブック」(日本FP協会)