ファイナンシャルプランナーって保険の営業なんですか?

ファイナンシャルプランナーに住宅の買い替えを相談したら、保険の切り替えを勧められた!というお話です。

中学2年の息子と小学6年生の娘を持つ専業主婦です。

主人は市役所勤めの公務員で、私自身は週に3回、4回くらいパートに出ています。

結婚後、長男の出産に合わせて3LDKのマンションを購入し、現在も同じマンションに住んでいます。

ただ、子供が大きくなってくるとなかなか今のマンションでは手狭になり、思い切って買い替えをしようかと考えていました。

そんな時に、パート仲間から「知り合いのファイナンシャルプランナーがいるから紹介しようか」と言われ、渡りに船と思い相談してみることにしました。

相談したかったのは、住宅ローンが残っているけれど買い替えは出来るのかどうか、買い替えるとして、頭金などの費用はどの程度必要なのかといったことでした。

また、ローンの金利についても、変動がいいのか固定がいいのかなどを聞いてみたいと思っていました。

ところが、いざ紹介されたファイナンシャルプランナーさんとお会いしたところ、ちょっと思っていたのと違うな、という印象でした。

まず、冒頭から貯金の額を聞かれ、生命保険や医療保険には入っているのか、その金額などを根掘り葉掘り聞かれました。

住宅の買い替えについてお聞きしたいと伝えても、資産状況を把握してからご提案します、と言われてしまい、なんだかなぁという感じです。

出される書類のファイルが、全部とある保険会社さんの名前が入っていたりしたので、このあたりで、ああ失敗しちゃったかなと思いました。

結局一時間ほどお話をしましたが、今入っている生命保険は無駄が多いからこちらに変えたほうがいいとか、医療保険が足りてないからこういう商品はどうかとか、そんな話に終始していました。

その後、ライフプラン表をお送りいただけるということだったのですが、いただいたのは保険のパンフレットと、その保険を買った時の収支を記載したプランでした。

一時間くらいかけて、ただただ聞きたくもない保険の営業を受けてしまいました。

ご紹介いただいた方には申し訳ないのですが、ちょっとファイナンシャルプランナーを名乗るのはどうなのかな、という印象です。

その後、不動産会社さんを通して紹介いただいた別のファイナンシャルプランナーさんとお話しすることが出来、買い替えのための費用についてや利息の話などもきちんとご説明いただくことが出来ました。

世の中には一口にファイナンシャルプランナーと言ってもいろんな方がいるんだな、ということがわかり、大変勉強になりました。

もちろん、勧められた保険は特に購入しませんでした。

色々なファイナンシャルプランナーがいるように思われても仕方ありません。しかし、ファイナンシャルプランナーが行う業務は規定によって定められています。ですから、その規定から逸脱する行為を行う者をファイナンシャルプランナーとはいいません。つまり、FP資格を所有していることと、ファイナンシャルプランナーであることは別だということです。ご参考までに、FP業務について日本FP協会が示している内容を以下に掲載しておきます。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。ー日本FP協会ホームページより抜粋ー

ファイナンシャルプランナーについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

なお、住宅関連の知識はこちらを参考にしてください。

まねTama会員登録
所得増のためのリスト101

学ぶ、所得を増やす、お金の流れを作る、お金を増殖する、守る。

所得増・保険・住まいなどの悩み問題を同時に解消しましょう!!

まずは会員登録してチャンスを成果に!

会員登録特典

  • まねTamaクラブ(Facebook)」に参加できる。
  • 無料相談会(不定期開催)へのご優待。
  • 各種有料セミナーへのご優待。。。etc
  • 有利な条件でマイホーム取得が可能(仲介手数料割引、住宅取得プラン無料など。。)

小さく始めて大きく育てる!

自由も使えるお金も同時に増やして、潤沢な資産を形成してまいりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう