どうせなら、最優先事項にずっと執着し続けよう!

どうせなら、何度も1億超えを経験した人から学ぼうーPartⅡ

「最優先事項にずつと集中し続けること」

その最優先事項は計画していたものではなく、その瞬間に彼が下した決断でした。

しかしその決断が、その後の彼の人生を大きく変えることになったのです。

お金があれば自分がしたいことはほとんど何でもできる。

それを彼の人生プロセスの中で証明したからです。

でも、目標リストの中で最優先事項を決めたのは、それが初めてではありませんでした。

デザイナーになるという目標は、常に「なりたいものリスト」のトップでした。

それが彼の「新年の決意」でもあったわけです。

でもカーネギーはこう言っています。

「すでに10以上も日標がある中で、新たな目標達成を決意しても意味がない。」

また、カーネギーはこう指導しています。

「最優先の目標をみんなの前で発表したら、10週間はその日標に意識を集中させて過ごすように」と。

自分には日標があると自分自身に言い聞かせる。

それが彼の日課でした。

あらゆる行動や判断がその日標を反映しているかどうかを確認するようになっていきました。

カーネギー曰く「目標を達成する最善の方法を自分の最優先事項にすることだ」

その言葉に間違いはないと、彼も確信し始めました。

10週間ずっと「お金持ちになる」ことに集中すると、彼の身に著しい変化が起こりました。

明らかにすべての出来事に対して考え方が変わったのでした。

それまでは、どちらの方向に進めばいいのかわからなくなり、問題と退治している状態が頻繁にそして長く続いたことがあったそうです。

選択肢がたくさんあり、しかも複雑で、判断するのが難しかったのでしょう。

その原因は、その選択肢を評価する最終日標を、彼が持ち合わせていなかったからでした。

それが、「お金持ちになること」を最優先事項にするとによって、ほとんど迷うこともなくなりました。

ただただ「どの選択肢を選べば、よりお金持ちになれるか?」そう問いさえすれば、すぐに道筋が見え、前に進むことが用意になったからでした。

でも、だからといって他の重要な事柄を無視していたわけではありませんでした。

ただ、そうしたことで行き詰まることがなくなった、そういうことです。

どの選択肢がより大きな利益をもたらすのか?

それを最初に考え、それを基軸にして他の事柄も評価するようになっていました。

結果的に、期待通りの成果に結びつかないこともありましたが、最優先事項を見失わないことによって、あらゆるシチュエーションにおける判断が容易になったわけです。

★LINE友達になるにはコチラ

今スマホで開いている場合はコチラをクリックするだけで簡単登録(2クリックで登録できます!)
Add friend
今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて「@osl9854j」をID検索!(@をお忘れなく!)

まねTama会員登録
お金の学校

学ぶ、所得を増やす、お金の流れを作る、お金を増殖する、守る。まずは会員登録してチャンスを成果に!

なぜ、まねTama塾が必要なの?
お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る「まねTama塾」にあなたも参加しませんか?どこからでもワンクリックで気軽に参加できます。※災害に備える「くらしとお金の安心ブック」(日本FP協会)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事